tnaru@asean

ベトナムを中心とするアセアン(ASEAN)諸国に関する情報ページ。あと、時々書評とか。

Category: スポンサー広告  Tags: ---
Response: ------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 旧Version  Tags: ベトナム  在アジアオセアニア日系企業活動実態調査  現地化  ベトナム進出日系企業  
Response: Comment 0  Trackback 0

ベトナム進出日系企業の様子:「在アジア・オセアニア日系企業活動実態調査」より⑫

ベトナム進出日系企業の様子を「在アジア・オセアニア日系企業活動実態調査」を元に眺める、第5段「経営上の問題点」です。本当は1回で全てをまとめようと思いましたが、文章が長くなりすぎたので全7回にわけることにしました。

今回は「経営上の問題点」のうち、「ベトナムの課題(全体)」です。

ということで、以下のように当該シリーズの目次が変更になりました。

【シリーズ目次】
1.調査の概要と結果
2.営業利益見通し
3.今後の事業展開
4.現地市場開拓への取り組み
5.経営上の問題点
・5-1:ベトナムの課題(全体)
・5―2:販売営業面での問題点
・5-3:財務・金融・為替面での問題点
・5-4:雇用・労働面での問題
・5-5:貿易制度面での問題点
・5-6:生産面での問題点
・5-7:経営の現地化をするにあたっての問題点
6.原材料・部品の調達
7.輸出入の状況
8.賃金

経営の現地化をするにあたっての問題点として、下記が指摘されています。
【経営の現地化をするにあたっての問題点】

1位:現地人の能力・意識の低さ(58.7%)
2位:幹部候補人材の採用難(50.0%)
3位:現地人材の育成が進まない(47.1%)

1.各問題点について:
1位の「現地人の能力・意識の低さ」は他の同調査対象国・地域でもトップ3の課題として、オセアニア地域(オーストラリア・ニュージーランド)を除き例外なく指摘されています

日本企業がベトナム人に指摘する「能力・意識の低さ」は現時点ではベトナム人に理解されていないように思えます。ベトナムでは日本人より能力・意識が低いと思うベトナム人は少数派になるかと思います。むしろ、日系企業で働いているから自分は部下なのであって、別資本の企業であれば自分が上司の場合もあると考えているベトナム人が一般的です。

ここがこの問題の深さだと思います。

よく耳にする「ベトナム人はプライドが高い」と言われる一旦です。

2.現地化の問題点:
ところで、今回調査で指摘されている課題点が本当に現地化が進まない課題なのかというと、少し疑問があります。今回挙げられている3つの課題は、ベトナム人が勤務先企業に対して冷めた態度で接しているという反動が多分に含まれているからです。「所詮、トップはいつも日本人でしょう」という冷めた反応です。

上記、ベトナム人の冷めた反応がある以上、仮に能力・意識の高い人材を採用できて、その人材を育成することに成功しても本気になってくれるベトナム人が本当に出てくるのか疑問です。

一方、身近な飲食店に上記の回答があるのではと最近関心を払っています。

欧米系がオーナーの飲食店では、欧米人オーナーが頻繁に顔を出したり、包丁を握ったりする姿をあまり見ません。一方、日本食レストランではどの店も日本人オーナーが店に必ずおり、日本人が包丁を握る店もよくあります。

ここで、日本食店のオーナーが現地化を進めたいのか否かはしらないので、どちらが良い悪いではなく、あくまでも現地化というキーワードでみた時に、どちらの経営スタイルがより現地化されているかが問題意識です。

欧米系の飲食店の方が現地化されていると思います。

この違いは何だろうと考えことが時々あります。

飲食店で働くベトナム人を見ると、欧米系レストランで働くベトナム人と日本食レストランで働くベトナム人に差があるとは思えません。すると、欧米人も日本人が感じている「能力・意識が低い」という感覚を共有している可能性は十分にあります。

もし、上記前提が正しければ、「能力・意識が低い」けど「任せる」欧米的マネジメントスタイルと「能力・意識が低い」から「任せない」日本的マネジメントスタイルに分かれてきます。また、日本人オーナー自体が仕事が好き。さらには、日本人のお客は店にオーナーが出ていないと「あいつはサボってる」なんて言ったりする時もあったり、なかったり…。

上記の例から、経営そのものに対する考え方が欧米と日本では異なるのではと疑問が沸いてきます。そして、この疑問に対する答えが現地化を進めるにあたっての一つのヒントを示唆しているように思います。

その違いは欧米は経営と所有が明確に分かれており、日本は経営と所有が非常に曖昧である点かと思います。欧米人はあくまでも所有者であり、一番の関心事項は投資に対する利益(配当)です。だから、誰かに常に経営を任せたくて仕方ない。一方、日本はまず経営者として全てを進めようとします。だから誰かに経営を任せようという発想自体が出てこない。そして、配当は欲しいけど、一番の関心事項ではない。

さらに付け加えると、日本人には欧米手的な経営スタイルは金持ちが利益の上前だけをはねていく「植民地経営」などと心理的に思ってしまうのかもしれません。

しかし、これだけ会社というものに対する概念が成熟し、経営と所有といった考え方が最近は議論されるようになっています。そうであれば、株主という所有者の立場で現地の企業を現地化していく方法を考えることも必用なのではと思います。

ところで、現地化が進まないもうひとつの理由は日本人が前面にでて現地で事業を展開しないと、「あの会社サボってる」って思われるんだと思います。日本食レストランと一緒で…。
スポンサーサイト

テーマ : ベトナム    ジャンル : 海外情報


Comments

Leave a Comment


Body
10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
 
 
プロフィール

tnaru

Author:tnaru
30代 男
ベトナム在住。ベンチャー企業で働いてます。
将来はベトナムを中心としたASEAN諸国で何かしたいと思っています。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
QRコード
QRコード
 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。