tnaru@asean

ベトナムを中心とするアセアン(ASEAN)諸国に関する情報ページ。あと、時々書評とか。

Category: スポンサー広告  Tags: ---
Response: ------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 旧Version  Tags: ベトナム  正月  賞与  テト  テトボーナス  
Response: Comment 0  Trackback 0

日系企業とベトナムと正月

ベトナムの正月が明けました。
いや、明けたというより、ベトナムに正月はなかったと言った方が正確かもしれません。街では普通に店が開いており、また正月向けの装飾が施された形跡も殆どありません。

ベトナムでは陰暦に従ったいわゆる旧正月が本当の新年になります。そのため、新暦に従ったいわゆる1月1日の正月はまだ年を明けたとは言い難い状況のようです。

今回はベトナムに来ている日系企業はこの正月をどう迎えたかレポートです。

1.職場の風景
12月29日まで多くの職場では、通常と変わらない職場風景かと思います。仕事納めを12月30日にするか、12月31日で異なりますが、仕事納めの日は半日や午後早めに切り上げることが通常のようです。

正月明けは通常通りに戻ります。日本人にとっては正月明けですが、ベトナム人にとっては、普通の日であり特別な感情などは特にわかないように見受けられます。

特に2011年はそうでした。1月1日は土曜日にあたり、1月2日は日曜日でした。1月4日から始業とする企業が大半ですが、通常どおりの週末をすごしたという感情の方がベトナム人には勝っているように見えます。

2.年末
ベトナムでは12月31日まで勤務をすることが通常です。ただ、12月31日のみは午前中一杯とし、午後は休みとする風習がベトナム系企業の間でも出てきているようです。

進出日系企業では12月30日を仕事納めとする企業と、31日を仕事納めとする企業の2つにわかれるようです。これは日系企業の中心が製造業であることに起因するのかもしれません。ベトナムの隠れた魅力の一つに祝祭日日数の少なさを上げる日系製造業があります。となれば、年末であろうとなかろうと、工場を操業することが求められてくるのかと思います。

ベトナム人にとっては大した負荷でもありませんが、日本人にとっては何とも辛い期間となります。

3.正月明け
大方の企業は1月4日より営業を開始します。日本人にとっては正月明けですが、ベトナム人にとっては週末明けの感覚です。日本人が通常モードの意識にいつ戻れるかだけが、この正月明け期間の違いとなります。

4.そして、これからテト(旧正月)まで。
ベトナムではテト(旧正月)が本当の意味での正月になります。従い、正月明け気分の日本人とこれから正月を迎えるベトナム人との意識ギャップが発生する時期になります。

また、この期間は日系企業、とりわけ製造業にとってテト前の生産調整に追われる繁忙期に入るようです。

ベトナム人にとっての同期間の一番の関心事はボーナスです。1月に「テトボーナス」と称し、年一回の賞与を大方の企業が支給します。2010年の12月から「テト賞与は月給の何カ月分か?」といった話題に持ちきりとなります。

同賞与の日系企業の支払平均金額はJETROの調査(2010年)によると、1.6カ月(製造業)から1.7カ月(非製造業)のようです。興味ある方は下のJETROページからどうぞ。
http://www.jetro.go.jp/world/asia/reports/07000386
当ブログでも、下記のようなエントリー記事を書いています。
http://tnaru21.blog23.fc2.com/blog-entry-111.html

今年2011年は2月3日の水曜日からテトが開始されます。テト明けは2月7日です。同期間中の3日間と、1月末の土・日曜日及び、2月1日(月)と2日(火)の計4日間を加え、「今年は1週間のテト休み」と考えるベトナム人が多いようです。

テト明けは2月7日(月)とするか、8日(火)とするか分かれるようです。テト期間中に土日の週末が重なるため、振り替え休日を兼ね2月8日(火)とする企業も多いようです。

5.その他
テトは盛大にお祝いされる国民的祝賀行事です。そのため、コンビニや24時間営業の商店が一般化する前の日本と似たような状況になります。この期間中にベトナムにいる人は外食をすることもできず、相当量の食材を買いだめし、自炊に励みます。

そして、企業にとって一番恐れるのが、テト後です。

悲しいかな、テト明けに戻ってこない社員が続出するようです。特にこれはワーカーと呼ばれる工場労働者に顕著にみられる現象のようです。帰省中にそのまま田舎に残ることを選択したり、他社への転職を決めたりといったことが大方の理由です。

ベトナムでは工場労働者(ワーカー)は「超・超」売り手市場、スタッフは「超」売り手市場と言われています。人が採用しにくい上に、既存人材も流出するこの時期。1年で最も怖い時期かもしれません。

なお、ベトナム労働法上では退職1カ月前に退職申請をすることを義務付けていますが、特に工場労働者にはこの規定に対する効果は薄いのが実態のようです。
スポンサーサイト

テーマ : ベトナム    ジャンル : 海外情報


Comments

Leave a Comment


Body
07 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 
 
 
プロフィール

tnaru

Author:tnaru
30代 男
ベトナム在住。ベンチャー企業で働いてます。
将来はベトナムを中心としたASEAN諸国で何かしたいと思っています。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
QRコード
QRコード
 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。