FC2ブログ
 

tnaru@asean

ベトナムを中心とするアセアン(ASEAN)諸国に関する情報ページ。あと、時々書評とか。

Category: スポンサー広告  Tags: ---
Response: ------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 旧Version  Tags: ---
Response: Comment 0  Trackback 0

ベトナム業務開始

本日より本格ベトナム転職先での業務がはじまりました。
総勢約40名ほどの企業です。職場で働くベトナム人も皆優秀で、これから楽しく仕事ができそうです。


ところで、ベトナムの職場で驚いたことは…

①多言語:
ベトナムはベトナム語が国語です。だから皆ベトナム語を話します。一方、私が勤務する会社は日系であるため、皆、ベトナム語以外に英語か日本語を話します。中には、英語も日本語も話せるスタッフもいて、英語しかできない私はビビってしまいました。

②女性の多さ:
職場の約8割が女性です。これには色々の経緯があり、女性スタッフが多数を占める形態になったようです。「男はあまり働かない」とベトナムでは一般的に言われているようですが、これまで採用したベトナム人男性はあまり働かなかったようです。また、客先と勝手に商談を成立させ利益をせしめる等、これまでに色々な事件があったとのことです。

ちなみに、UNDP(国連開発計)GEM(Gender Empowerment Mesure: ジェンダー・エンパワメント指数)を毎年公表し画ていますが、日本は54位ですが、ベトナムは53位にランクされています。ここからも、ベトナムの方が女性の社会進出においては先を行っていると推測できます。なお、GEMでは1位はノルウエー、2位はスウェーデンなどの北欧諸国が占めています。

この背景にはベトナム戦争があり、戦争中に男は戦場に行き、女性は家計を切り盛りするといった生活習慣が根付いたとの話を聞きました。

ついでですが、本日職場で女性スタッフと一緒に食事をしましたが、旦那が弁当のおかずを作っているという女性スタッフがいました。これは女性スタッフの間で笑いの種になっていました。この辺はベトナム人女性も日本と同じ感覚を持ち合わせているようです。

と、こんな感じで、一日目の職場観察終了です。
スポンサーサイト

テーマ : ベトナム    ジャンル : 海外情報


Comments

Leave a Comment


Body
09 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
 
 
 
プロフィール

tnaru

Author:tnaru
30代 男
ベトナム在住。ベンチャー企業で働いてます。
将来はベトナムを中心としたASEAN諸国で何かしたいと思っています。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
QRコード
QRコード
 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。