tnaru@asean

ベトナムを中心とするアセアン(ASEAN)諸国に関する情報ページ。あと、時々書評とか。

Category: スポンサー広告  Tags: ---
Response: ------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 旧Version  Tags: ---
Response: Comment 0  Trackback 0

業務日誌(2月23日)ー本日停電なりー

本日、ホーチミン市では本日の10時頃から約2時間半に亘って、日中停電がありました。

こちらへ来て以来、1週間で1度の頻度で停電になっています。この停電というのは非常に厄介ものです。

まず、誰でも思い浮かぶのが、日中30度を超える暑さのなか、クーラーや扇風機が一切動きません。停電直後は外の日の当たる場所に出るよりもそれまでクーラーで冷やしていた部屋にいる方が涼しく快適です。ということで部屋にいることになります。しかし、数時間も何もやることがなく部屋にいるのも飽きてくるので、結局路上のアイスコーヒーを飲みながら気長に停電から回復するのを待つことになります。

また、パソコンで作業していたものが一にして飛んでしまいます。ワード等で作成したデータであれば、自動バックアップで復旧可能ですが、メール等での作成中文章は全てぶっ飛んでしまいます。この虚しさは何とも表現できません。

とういことで、私の勤め先では停電pになると、一旦業務を停止し、休憩時間へと変更になります。この停電があまり長時間になると業務は中止として、他の日に振りかえるということをしているようです。ただ、この振替はベトナム人スタッフに相当評判が悪く、振替実施に相当なエネルギーを使らしく、本当に振替を実施できるのか、実際のところはまだ分かりません。

といっても、ベトナム人スタッフは停電との過ごし方に慣れており、各人各様でその時間を過ごしているようです。同僚と話をする者、雑誌や新聞を読む者、はたまた一度家へ帰り、停電が復旧するのを待つ者までいます。このあたりはベトナム人の生活の知恵を感じる一面です。

ありがたいことに、この停電は復旧時間を問い合わせれば教えてもらえます。逆に言うと、かなり人為的に停電を起こし、電力の需給調整を図っていると思われます。

これからのホーチミンの暑さはより本格化してくるので、停電が頻発してくると思われます。今後、どうなっていくのか、非常に興味がわくところです。
スポンサーサイト

テーマ : ベトナム生活    ジャンル : 海外情報


Comments

Leave a Comment


Body
06 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 
 
 
プロフィール

tnaru

Author:tnaru
30代 男
ベトナム在住。ベンチャー企業で働いてます。
将来はベトナムを中心としたASEAN諸国で何かしたいと思っています。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
QRコード
QRコード
 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。