FC2ブログ
 

tnaru@asean

ベトナムを中心とするアセアン(ASEAN)諸国に関する情報ページ。あと、時々書評とか。

Category: スポンサー広告  Tags: ---
Response: ------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 旧Version  Tags: ---
Response: Comment 0  Trackback 0

ベトナムでのお客(日系企業)

シリーズ最後は日系企業です。

ホーチミンには進出日系企業が製造業を中心に数百から数千あると言われています。この企業をお客にすることが目下の課題です。
日系企業は他のベトナム企業や外国籍非日系企業と比較し、金を払わない心配、手続きの煩雑さや言葉の問題もなく、一番取り組み安いお客さんになります。

以前、海外旅行の行く先でその国に進出している日本企業が同じく進出日系企業を主要な顧客としているの見て、「内弁慶だな」と勝手に思っていました。しかし、ベトナム滞在後1カ月が過ぎ、その理由がわかり初めてきました。

むしろ、日系企業以外と商売へ踏み切れない自分の言い訳かもしれませんが…。

ところで、進出日系企業をお客にするために、現地の日本人サラリーマンも当然苦労しています。


■日本人ビジネスコミュニテティー■
日本人ビジネスコミュニティーに入らないと、ベトナム進出日系企業がお客にはなってくれません。これは日本でも当然で、また日本に比べ、簡単だとは思います。ただ、このコミュニティーが若干特殊さを帯びているかもしれません。

ホーチミンには公式記録では5,000人の日本人が在住しているとされています。いわば、現地の日本人はコミュニティーのメンバーでありながら、お客さんにもなるのです。言い換えると、ご近所さんでありながら、商売上では「売る側」と「買う側」の関係も有することになります。ここが非常に厄介です。

このコミュニティーに入るためには夜のメシや飲みに加え、土日のイベントやサークルの参加が必要になってきます。これが、つらいです。何がつらいかというと、「財布」がつらいです。

■コミュニティーメンバーになるためにドンはドンと使う?■
コミュニティーのメンバーになるためにメシを一緒に食べに行きます。しかし、これは仕事上のお客だからメシを食べに行くということにもつながります。この判別すら明確になりません。仕事上の利益を期待してメシを食べに行っても、建前は常に「コミュニティーのメンバー」としてになります。

また、メシや飲みの相手は意思決定権限があり、日本の給与をもらっている駐在員になります。するとメシを食べたり飲みをする場所は路上の屋台はもってのほかで、日本食レストランやしっかりした地場のレストランとなります。必然的に日本と同額の金額を払う店ばかりに行く羽目になり、財布からどんどんと「ドン(現地通貨)」が飛んでいきます。

会社の経費という発想もありますが、建前が「コミュニティーメンバーだから」となると、一緒にメシを食って領収書を切るにも気がひけます。さて、いかがしたものか。目下の課題です。
スポンサーサイト

テーマ : ベトナム    ジャンル : 海外情報


Comments

Leave a Comment


Body
08 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
 
 
 
プロフィール

tnaru

Author:tnaru
30代 男
ベトナム在住。ベンチャー企業で働いてます。
将来はベトナムを中心としたASEAN諸国で何かしたいと思っています。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
QRコード
QRコード
 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。