FC2ブログ
 

tnaru@asean

ベトナムを中心とするアセアン(ASEAN)諸国に関する情報ページ。あと、時々書評とか。

Category: スポンサー広告  Tags: ---
Response: ------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 旧Version  Tags: ---
Response: Comment 0  Trackback 0

ベトナムで本を読む。

今日、4月26日は日曜日だ。
ベトナムに来て以来、休みという感覚はなかったが、久しぶりに休みらしい休みになった。

しかし、ベトナムにはあまり娯楽らしいものがない。ということで、本を3冊ほど読破してしまった。しかし、読書をしていても、仕事のことが全く頭から離れない。久しぶりに仕事を忘れようと思ったのだが…。

こちらに来て悩まされることは、ベトナム人スタッフとの仕事のやりとりだ。どうも、一緒に仕事をしていて考えさせられる部分が多い。

納期。この感覚が全くといっていいほど共有できない。これには本当に参ってしまう。どうすればいいのか。

今日読んだ本に少しはヒントがあったと思う。たまたまビジネス関連の書籍だったこともあるかとは思うが、偶然にも今日読んだ2冊は「ストーリー」として誰かに伝えることの大切さを指摘していた。数字等で論理的な思考に訴えるより、ストーリーとして伝えた方がメッセージは人に伝わりやすく、また記憶に残りやすいというこううとだ。

ただ、納期の大切さをどのようなストーリーで伝えればいいのか。言葉も、生まれた環境も、価値観も、言葉も違う人たちに、どのようなストーリーが適切なのか。まだ具体的な解決策は見つかっていない。

ベトナムでは、仕事はあくまでも自分の生活の質を向上させる手段であり、仕事を通じて自己実現を図るという発想は日本に比べて少ないのかもしれない。だからなのか、定時になれば、締切が目前に迫っていても帰ってしまう。欧米でも仕事は定時までにかたずけるものと考えられているが、みな何らかの工夫をしているのだろう。しかし、ベトナムにはその工夫が見られない。

かと言って、毎日遅くまで残業する日本のスタイルが決していいものとも思えない。やはり、極力定時で仕事は切り上げるべきだし、そこまで献身的に自分の人生を捧げたところで、はたしてそこに自己実現と呼べる何かが自分に残るのかは、疑問だ。

そういえば、これまた別の本に書いてあった。自分の失敗を披露することが、相手の心に響くのだそうだ。ということは、自分の納期に関する失敗談を語ればいいのかなとも思う。どうすればいいのだろう…。

ちょっと、今日はあまり考えがまとまっていないようだ。

そうなのだ。ここ、ベトナムに来てからベトナム人とのやり取りで毎日頭が混乱し、少々疲れが出始めている。なんとか、しなければ。

彼らの何倍もの給料をもらっているのだから、彼らの何倍もの苦労をしなければいけないということか。そう納得させることに、当面していこうと思う。
スポンサーサイト

テーマ : ベトナム生活    ジャンル : 海外情報


Comments

Leave a Comment


Body
09 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
 
 
 
プロフィール

tnaru

Author:tnaru
30代 男
ベトナム在住。ベンチャー企業で働いてます。
将来はベトナムを中心としたASEAN諸国で何かしたいと思っています。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
QRコード
QRコード
 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。