FC2ブログ
 

tnaru@asean

ベトナムを中心とするアセアン(ASEAN)諸国に関する情報ページ。あと、時々書評とか。

Category: スポンサー広告  Tags: ---
Response: ------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 旧Version  Tags: ---
Response: Comment 0  Trackback 0

【書棚】アングロサクソンになれる人が成功する

ある友人に勧められ、同書を読みました。彼の選書は秀逸です。自分が関心を持ちながらも、目にしたことがないために読んでいなかった書籍を紹介してくれます。今回もその中の一冊です。

アングロサクソンになれる人が成功する―なぜ彼らのビジネススタイルが最強なのか (PHP文庫)
糸瀬 茂
456957565X

目次
第Ⅰ部 アングロサクソン型人間とは何か
第1章:この目で見たアングロサクソン型人間の真実
第2章:全てのきっかけは金融ビックバン
第3章:かくして人材ビックバンがはじまる

第Ⅱ部 アングロサクソン型組織とは何か
第4章:アングロサクソン型組織の仕組み
第5章:究極の相互評価「360度人事評価システム」
第6章:「目的集団」をつくりあげる研修の秘密

第Ⅲ部 アングロサクソン人間になるための条件
第7章:自分の意見を「発言」できて一人前
第8章:会社が消えたとき、クビになるとき
第9章:さあ、アングロサクソン人間になろう

終 章 日本人には向かないという誤解を解くために

同書で一番最初に目がいったのは、「解説 森永卓郎」という文字でした。森永氏と言えば、同書のタイトルから想像できる主張と180度反対の考えの持ち主として有名かと思います。その森永氏に解説を依頼する同書の姿勢に興味を掻き立てられました。(平たくいうところの、著者と出版社の術中に完全にはまった…。)

アングロサクソン型を支持するこの本は「強者による、強者の理論」と受け取られるかもしれません。当然、同書はアングロサクソン型を支持し、弱肉強食を当たり前とし、勝者であることを求めます。だから、強者が自己満足をするために読む本と思われるかもしれません。

ここで、私の疑問は今の日本型経営・価値観が果たして、アングロサクソン型に対抗できるほど「弱者に優しい理論」なのかということです。これまでは「終身雇用」で雇用だけは確保されてきました。しかし、この終身雇用が今の日本では崩れかけています。

大学卒業と同時に入社したプロパー人材のみが昇進し、正社員と呼ばれることが勝ち組といった日本型経営・価値観が果たして「弱者にも優しい理論」なのでしょうか?

アングロサクソン型において「弱者にも優しい理論」を示唆する部分が同書にありました。アングロサクソン型企業が従業員をクビにする時の著者の実体験です。著者が自分の同僚や部下をクビにするときのひとコマです。

日本だとクビにされた人間は「能力がない、失敗者」の烙印が押され、周囲からの反応に苦しめられるかと思います。特に転職市場自体が非常に閉ざされている日本では、一度クビになるとこれまでと同等の待遇を受けることは非常に難しいことになると思います。

クビが日常的に発生しているアングロサクソン社会でも、クビは当人にとって酷く辛いもののようです。一方、日本と異なる点はクビが日常的だからこそ、クビにされてもこれまでと同等の待遇を受ける機会はあり、実際に筆者がクビにした人間も同等の待遇を受け転職が決まったと書かれています。

失敗者は復活不可能な日本型と、敗者復活可能なアングロサクソン型のどちらが「弱者にも優しい理論」なのか考える上で、非常に示唆に富んでいます。

また、ベトナムにいると、今後「終身雇用」や「正社員制」といった、これまで「弱者に優しい」とされていた日本型経営の長所は変化せざるを得ないように思います。

これからは日企業の海外進出は避けて通れない段階に来ています。一方、ベトナムをはじめASEANや東欧諸国といった世界では転職がむしろ日常です。日本の企業の海外進出が進めば進むほど、海外拠点との制度統一や海外の人材の積極活用などの観点から、「終身雇用」や「正社員」を前提としない人事評価制度の必要性や人材育成が指摘されることになると思います。

従い「終身雇用」や「正社員」は制度上の終焉の方向に向か和ざるを得ないと思います。

アングロサクソン型が果たして著者がいうほどいいものなのかわかりません。ただ、著者が指摘するアングロサクソン型のいい部分として、「敗者復活可能である」ことはもっと注目されていいのではないかと思います。

これまで終身雇用は日本企業の成長にとって大きな原動力となってきました。しかし今、この終身雇用が日本社会に正社員と非正社員という階級を作り上げ、一度失敗すると復活不能という大きな閉塞感を作り上げているように思います。

アングロサクソン型導入による「敗者復活戦=転職市場」が出来上がれば、多くの人が何度でも挑戦でき、今の閉塞感を打破できるかもしれません。

タイトルとは異なり、成功を目指す人ではなく、人生を楽しみたい人が読むと「アングロサクソン型も悪くない」と思わせてくれる一冊です。

アングロサクソンになれる人が成功する―なぜ彼らのビジネススタイルが最強なのか (PHP文庫)アングロサクソンになれる人が成功する―なぜ彼らのビジネススタイルが最強なのか (PHP文庫)
糸瀬 茂

粗にして野だが卑ではない―石田礼助の生涯 (文春文庫) 10年後の自分が見えるヤツ 1年後の自分も見えないヤツ―落合信彦選書〈4〉 (青春文庫) 「分かりやすい説明」の技術 最強のプレゼンテーション15のルール (ブルーバックス) 八つの日本の美意識 幼児教育と脳 (文春新書)

by G-Tools
スポンサーサイト

テーマ : ベトナム    ジャンル : 海外情報


Comments

Leave a Comment


Body
08 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
 
 
 
プロフィール

tnaru

Author:tnaru
30代 男
ベトナム在住。ベンチャー企業で働いてます。
将来はベトナムを中心としたASEAN諸国で何かしたいと思っています。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
QRコード
QRコード
 
 
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。